有料老人ホームは慎重に選ぼう

有料老人ホームを選ぶときは、できるだけ慎重になりましょう。

有料老人ホームにかかる費用は一般に高くて、都市部では月の利用料が30万円を超える場合もあります。そのように多くの費用が必要になるので、入居するお年寄りに適した、良い場所を選ばないと後で後悔することになってしまいます。

どの老人ホームもホームページなどで自社のホームの良い所を宣伝してるので、本当に良い老人ホームを見つけるのは容易なことではありません。


良い有料老人ホームを見つける最善の方法は、念入りな下見です。
その時にスタッフの態度や施設の設備、入居者の様子などをさり気なく詳しく調べれば、その老人ホームの状態はある程度分かります。
まず介護スタッフの数は調べてみましょう。現在の法律では、3人の要介護者に対して1人のスタッフがつくことが決められています。

1人というのは最低の水準です。



3人の要介護者に2人のスタッフがついた方が、手厚いサービスを受けられます。まずこの点に注意しましょう。



次に見るのは、スタッフの態度です。スタッフが穏やかな態度で入居者に接しているかよく見るようにします。また入居者がスタッフを信頼しているかどうかチェックするのも忘れないようにしましょう。

入居者の状態を見るのは非常に大切です。

入居者が押し黙っていたり、陰気な顔をしている施設は注意した方が良いでしょう。



施設の設備は部屋の中を見ればわかりますが、その時に臭いに注意しましょう。

不快な臭いのする施設は衛生状態が悪いことが多いので、避けた方が無難です。